Coffee blues


2012年07月20日 読了
 洋館を改装してカフェにした。
主人公のダイがコーヒーを出す店に、小さな女の子が助けを求めてやってきた。「姉を探してほしい」
 更に全く別のところで、昔の上司から頼まれた”お使い”。

 関係ないと思われていた二つのことは、ダイの過去をえぐり、さらに傷つけようとする。

 生きている人、とりわけ子供は絶対。
作者が小説の中で守ろうとしているものはどの作品も、これだけ。
悲しいことは多いし、どうしようもないこともたくさんあるけど、最後は少し幸せな物語。
 もう一つのダイの話も、読まなくちゃ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です