キシャツー


2012年11月23日 読了
 北海道の田舎町に、一両編成の列車がゆっくり走る。
高校2年の仲良し3人組は、そんな海っぱたの砂浜に、ある日赤いテントが建っているのに気づいた。
そのテントの主は光太郎といい、人を探してやってきたと言う。
 3人は、同じ学校の仲良しとともに、そのテントの主である光太郎の旅の目的を果たそうとする。

 悲しい過去も今ある辛さや苦労も、優しく語れば少しだけ軽くなるような気がする。
そんな作者の思いが書かれているような物語。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キシャツー [ 小路幸也 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です