螺鈿迷宮


2011年04月16日 読了
 桜宮のシンボル「でんでん虫」では、人が死にすぎる。
終末医療、寺、火葬場と、死の一連の作業をすべて備えたその病院で一族が行っていた、人の「死」に対する最先端医療。

 赤い薔薇を受け取り、螺鈿に縁取られた部屋で眠る。
夢と現を行き来するような、あやふやな現実を作り上げた。

 似たような話をどこかで読んだが、やはり必ず破滅を迎える。
今の日本ではそれが常識なのか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

螺鈿迷宮 [ 海堂尊 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です