黄泉津比良坂、暗夜行路


2013年08月07日 読了
 14年前の惨劇が、また繰り返される。
探偵・朱雀十五の元へ、天主家の執事が訪ねてきた。

秘書の律子とともに再び天主家の館へやってきた朱雀は、14年前の呪いも含めた謎を解き明かす。完結編。

 朱雀は盲目となっていた。今回あたらに起こる殺人の謎と、14年前の謎までも解いていく朱雀。探偵らしい難しい言い回しが続く。
まとまった時間をかけて読まないと混乱する。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です