ひやかし


2013年03月19日 読了
 江戸・吉原、廓の女たちの物語。
格子の向こうからただ眺めているだけの貧乏侍や、幽霊が出ると噂の部屋、復讐を目論む女。
 いろんな身の上が少しづつ語られる短編集。

 切ないだけで救われない女たちの世界のようで、それでも少しは報われることもあり。
泣く女がいることで、苦界の話も気持ちのいい後味になった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひやかし [ 中島要 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です