新世界


2011年06月25日 読了
 第二次世界大戦が終わった夜に行われたパーティ。
祝砲の代わりに爆弾を爆発させた。

 作者が「翻訳」という通り、いくつもの本を再構築し、核の父と言われたオッペンハイマーと、彼と共にいた研究者達の姿を描く。
 隔離された研究所で起こった出来事。狂っているのは誰?

 やはり探偵役がいるため、理解しやすい。
今、核の話。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新世界 [ 柳広司 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です