鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで


2013年01月05日 読了
 祖母の死によってひとりぼっちになった智子は、家と遺品の整理を始める。
智子の両親は、智子が幼いころ自動車事故で亡くなっており、智子もその際に事故以前の記憶をなくしていた。
 そして両親が残したビデオテープを見つけ、それを見返すうちに、自分が昔持っていた力に気付く。

 不思議な力を持つ主人公3人の話。
超能力を持つことは、幸か不幸か。
ありえないことだけに、いくらでも膨らむ想像が楽しかった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鳩笛草/燔祭/朽ちてゆくまで (光文社文庫) [ 宮部みゆき ]
価格:649円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です